離婚の条件

離婚の条件@夫の浮気、計画的じゃないと離婚はできない

メインイメージ


離婚の条件

夫の浮気、妻の浮気で離婚を検討している人、また、離婚を考えている人のために、浮気・不貞行為の観点から離婚の条件をまとめました。

離婚の条件として間違っているもの

夫の浮気を理由に、離婚を考えている人の多くは間違った認識をしているので少し紹介します。
それは、浮気・不倫の認識です。

旦那が浮気をしたから、裁判をして慰謝料をたくさんもらって離婚したいと考えている場合、その浮気という定義しっかり認識する必要があります。
・異性と手をつなでいるところを見た
・知らない女性と2人で食事をしていた
・夫がメールで愛してるなどのラブメールを送っていた
・キス・チューしているところを見てしまった
・ラブホテルのレシートがスーツから出てきた
この程度では、法的には浮気を認めるものにはなりません。

実際、法的には浮気とは言わず、不貞行為(ふていこうい)といい、不貞行為とは、「配偶者のある者がその自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」を言います。
配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されています。
不貞行為が離婚の条件
不貞行為は、性的関係があったことを実証できない限り離婚の条件にならないとなると、性交渉を伴わない男女の密会(浮気を匂わせる行為や手をつないでいた)レベルでは話にならないということになるのです。
不貞行為を理由に、慰謝料をしっかりとって離婚するということになれば、完全な証拠が必要となるということです。

「不貞行為」が男女間の性交渉があった証拠となると、ホテルに入る(入った)写真などがそれになります。



探偵事務所の浮気調査を行う意味

今、非常に多いのが、夫・妻の浮気調査を探偵事務所に調べてもらうというものです。
不貞行為の事実を事実をつまむという意味だけでなく、素行調査や身辺調査、また、何も悪いことをしていないという確認、また、気持ちのもやもやをクリアにするというものなどさまざまです。
妻の親御さんが、娘のために資金援助をしてくれるという場合も多いと聞きます。

事実を知ることで、次の選択肢も明確になりますし、親御さんが介入することでより、トラブル解決もスムーズになるという側面があるようです。

原一探偵事務所原一探偵事務所

原一探偵事務所 浮気調査

原一探偵事務所は調査実績40年。24時間365日相談無料
TBS「徳光和夫の感動再会、逢いたい」の制作協力などでおなじみの探偵です。

原一 浮気調査


浮気調査の相談は無料
知っていましたが?
浮気調査の相談料が無料なことを。実は以前の相談料はほとんどの場合が有料でした。
探偵事務所が重宝されていましたこともあり、昔からひっきりなしに依頼者が来ていたと聞きます。
しかし、そんなことで違法に高い料金をとったり、不透明な料金などで問題が多発し、探偵事務所の信頼性が落ちました。
そのせいもあり、現在では浮気調査の相談は無料が基本です。

浮気調査期間について
探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、一体どれぐらいの期間調査するのか?気になるところです。
浮気調査の料金は一般的に調査員の人数、調査期間、調査に必要な時間によって決まります。
調査する期間が1日なのか、1ヶ月なのかで、かかる費用も大きく変わってくるのです。

探偵事務所は、1日のみの単発調査もありますし、1週間、1ヶ月、または証拠がつかめるまで、と様々なプランがあります。

そこで、費用を安くしたいということであれば、単発調査で「この日は絶対あやしい」という確信のある日、1日のみにするのもテクニックの1つです。
通常、浮気調査は、3、4日かかって1回の証拠を得るという場合が多いといわれていますが、1回の証拠では、「不貞行為を実証できる」という可能性は低いですし、不貞行為の消費も3回程度の証拠をおさえておきたいところなので予算や期間は調査員さんとの打ち合わせで決定すればと思います。。


浮気に関する基礎知識
通常、不倫調査は、人によってその調査のやり方や範囲が同じではないことがかなりあるものなのです。なので、調査について契約内容が細かい所まで、かつ厳正に記載されているかについて確認する必要があるのです。

配偶者との離婚は、考えているよりもずっと心にとっても体にとっても厳しいことです夫の不倫を見つけて、多くのことを考えたり悩んだりしたのですが、どうしても彼を信用できず、きっぱりと別れてしまうことが最も妥当な答えだと気が付きました。

なぜ離婚することになったかという理由はたくさんありますが、「家庭にお金を一円も入れてくれない」「男女として性的に不一致」などもあるに違いないと予想できますが、そうなっている原因が「不倫をやっているので」という可能性もあるのです。

「調査の担当者の保有する技能と調査用の機材のレベル」によって浮気調査は決まるんです。調査するそれぞれの人物の力量っていうのは外見で把握することなんて不可能ですが、どういったレベルの機材を使っているかということは、ハッキリとわかります。

婚約者から不意に慰謝料を払えと迫られたとか、セクハラの被害にあったとか、その他にもありとあらゆる種類のトラブルに対応できます。孤独に抱え込まないで、法律のプロである弁護士に助けてもらいましょう。



素人には難しい不倫調査だったら、専門の探偵がいる興信所などで相談するというのが何よりです。慰謝料の額にこだわりたい、離婚に向けて裁判するつもりでいる方の場合は、言い訳できない証拠をつかまないといけないので、なおさらだと言えます。

以前と異なり、探偵等に依頼しての不倫調査っていうのは、みなさんの周りでも普通に実施されるようになりました。たいていそれらは、慰謝料などをしっかりとれるような条件の離婚のために動き始めている方から頼まれています。理論的にも優れた選択肢としておススメできます。

素行調査に関しては、ターゲットとなった人物の言動などをある程度の期間見張って、行動パターンや言動などに関して詳細に調べることができるように探偵事務所などが行っています。驚くような事実がはっきりとわかります。

本当に探偵に仕事をしてもらうことになるのは、「長い人生で一回だけ」だよ、なんて人がばかりだと言えるでしょう。本音の話、依頼することになったら、どんなことよりも教えてほしいのはどのくらいの料金なのかについてです。

当事者による浮気調査のケースでは、調査に必要になる費用を低く抑えることができると思いますが、浮気調査自体が素人のやることですから、かなり気付かれる恐れがあるといった危険性が出てきます。



こうなるまでは、絶対に浮気は一度もやっていない夫による浮気が事実であったなんてケースでは、心に負うダメージが強烈で、相手の女性も本気だと、離婚する夫婦も少なくないのです。

興信所や探偵事務所の場合、浮気調査に慣れていますから、本当に浮気をやっていたとしたら、間違いなく証拠を手に入れてくれます。浮気を証明する証拠を手に入れたいと願っているのであれば、ご利用を検討してみてはどうでしょうか。

相手に察知されると、それまでと違って証拠を確保することがすごく難しくなる。これが不倫調査です。ですから、調査力の高い探偵を見つけることが、極めて重要です。

浮気や不倫の加害者に対して、慰謝料の支払い請求することになるケースが少なくなくなってきました。妻が夫に浮気された案件ですと、不倫した夫の相手に「絶対に要求するべき」といった考え方が多くなってきています。

既婚者の場合、配偶者がした不倫を察知して、「離婚しかない」とあなた自身が決断していても、「パートナーを顔を合わせたくない。」「協議の場にも行きたくない。」といって、相談することもなく離婚届を勝手に提出するなんてのは言語道断です。